会長 水田 勝之 <佐賀市立 富士大和温泉病院>

 当協会は、県内に勤務する医療ソーシャルワーカー等にて構成されています。
本会は、会員相互の協力により、地域の保健・医療・福祉との連携を見据えたソーシャルワークの方向性を定め、医療福祉の発展に寄与することを目的とし、医療ソーシャルワーカーとしての自己研鑽、資質向上のための活動に取り組んでいます。
今後、地域包括ケアシステムを繋ぐ役割を担うべく、他の職能団体との合同研修・会議等にも精力的に参加をしています。
 会員の皆様、そしてこれから医療ソーシャルワーカーという職業に就かれる皆様におかれましては、今後とも協会への入会および協会の活動への参加をお願いいたします。
 今年は、若いソーシャルワーカーの育成を目標とし、当協会における初任者研修等の充実、九州各県のMSWとの交流事業に力を入れたいと考えています。地域の医療機関で働くMSWのネットワークを構築し、それぞれの会員が医療から介護・福祉につながる支援に寄与できるよう、そして求められる役割を十分に果たせるよう、協会としても日々サポートして参ります。
 
 今後とも、より一層の支援、ご指導を宜しくお願いいたします。



                              佐賀県医療ソーシャルワーカー協会 会長

                                             水田勝之